初めての方へ

こういった理由で法律相談をためらっていませんか?

  • 料金の仕組みが見えない、後で高額な費用を請求されるのではないか。

  • 相談のつもりで行ったのに、受任を強要されないだろうか。

  • 頼んでもいないことを勝手に始められたら困る。


上記のような理由でご相談をためらっていたら、本当にもったいないことです。

初回の法律相談に来たからと言って、必ず依頼しなければいけないわけではありませんし、初回のご相談時におおよその弁護士費用に関してもご説明させていただきます。

まずは心の負担を軽くするためにもお話してみませんか?

ご相談の流れ

  • 1.お電話・メール

    心にモヤモヤ感を覚えたら、お気軽に電話かメールでお伝えください。簡単な内容であれば、すぐにでも有益なアドバイスを差し上げます。

  • 2.無料相談の予約

    面会をご希望される場合は、ぜひ無料相談をご利用ください。希望される来所日程をお知らせいただければ、スケジュールを調整し、折り返しご連絡いたします。

  • 3.初回の面談

    初回の面談では、詳しいお話をうかがった上で、いくつかの解決策とお見積もりをご提示いたします。また、ご希望される方法や手続きなどがございましたら、遠慮なくお申し出ください。メリットに限らずデメリットの確認も行っておきましょう。

  • 4.納得がいくまでご検討ください

    当日は、その場でお決めいただかなくても結構です。納得がいくまで検討してみてください。医師のセカンドオピニオンと同様、複数の弁護士を訪ねてみるのも方法でしょう。

  • 5.正式なご依頼

    正式に依頼をしたいという場合は、書面による契約をお願いしております。署名・なつ印をするまで、弁護士費用は一切かかりません。受任後は逐次の連絡を心がけ、ご依頼者の想いがどこまで届いているのかをお伝えいたします。プロセスの共有を大切にしておりますので、結果だけ報告するようなことはございません。

弁護士を選ぶ基準に関して

弁護士に限りませんが、電話で話すときと実際に会ったときの印象は、大きく異なる場合がございます。人となりを理解するには、会って話すのが一番です。その際、迎合しすぎないという点に留意してみてはいかがでしょうか。ご依頼者の選んだ方法が必ずしも平坦とは限りません。苦言や注意点を含め、正直に話してくれる弁護士なら、信頼が置けるでしょう。

対応範囲

借金、債務整理、交通事故、離婚・男女問題、労働問題、相続、労働、企業法務、消費者被害、建築、不動産賃貸、不動産取引、刑事弁護、犯罪被害者支援など

よくある質問

無料相談って、本当に無料なの?
もちろんです。費用が必要なケースでは、あらかじめその旨をお伝えし、了承いただいてから着手いたします。
何を言われるか分からないし、バッサリと否定されるのが怖いのですが?
当事務所がご提示するのは、あくまでアドバイスです。ご依頼者の意見を否定するようなことはいたしません。選択された方法にリスクが潜んでいる場合は、その旨ご指摘させていただき、適切にご判断いただけるようアドバイスさせていただきます。
弁護士費用の相談は可能?
当事務所は、公的な扶助制度「法テラス」と契約しておりますので、ご安心ください。
そもそも、弁護士費用ってどうなっているの?
準備のために前金で承る「着手金」と、結果に応じて後払いいただく「報酬金」に分かれます。ご相談時に必ずお見積もりをいたしますので、不明点があれば、何なりとおたずねください。
法律相談をしていることが、会社や家族にバレたりしない?
こちらから連絡を差し上げるときは、プライバシーに万全の留意をいたしますので、携帯電話の番号をお知らせ下さい。メールをご希望であれば、他人に見られないようなアドレスを用意しておくと万全でしょう。資料の郵送時には、事務所名の入っていない茶封筒を使用することも可能です。
ページトップへ戻る