相続問題

よくある相談ケース

  • 遺言に関心があり、具体的な書き方や注意点を教えてほしい。

  • 相続についての話し合いがまとまらず、精も根も尽き果てた。

  • 相続税法が改正され、適用を受けそうなので、手続きについて詳しく知りたい。


一般的な労働対価と異なり、相続は労力を必要としないため、1円でも多く獲得しようという思惑が動くようです。また、相続自体相続人がちょうど物入りな時期に発生するため、生活の糧として期待する傾向も否めません。こうした動きを交通整理するだけでなく、可能な限り事前に調整しておくのが、無用なトラブルを避ける秘けつといえるでしょう。

弁護士へ相談するメリット

  • 遺言作成のサポートを的確に行い、かえってもめ事の火種になるような事態を防ぎます。

  • 相続人間の利害調整を、第三者的な立場から行うことが可能です。

  • 相続税の納付が必要な場合、税理士と連携し、手元に残る資産の最大限化を図ります。

ケース紹介

  • 相続発生前の対策のケース
    • 【ご相談内容】

      ご依頼者は、お子さんのいない老夫婦。日ごろから面倒を見てくれる知人がいるので、遺言を残し、財産のすべてを譲りたい。

    • 【当事務所の対応】

      家族構成を伺ったところ、ご主人側に弟がいらっしゃいました。お子さんや尊属がいない場合、兄弟が相続人となり、一定の財産を譲り受ける権利を有します。よって、知人にすべての財産を譲ることとするとご依頼者の善意がかえって知人の印象を悪くすることが考えられました。

    • 【結果】

      遺言内容を再検討し、弟に一定程度の財産を譲り渡すこととして、その残りを知人に譲ることで決着しました。

    • 【ポイント】

      偏った遺言はトラブルの引き金になり得ます。遺言を作成する際には、まず、すべての相続人を確定すること。次にすべての財産を把握すること。そして最後に、個別事情をもとに争いを生じさせない工夫をするようにしましょう。

  • 相続発生後の対応のケース
    • 【ご相談内容】

      相続が開始されたが、疎遠となっている親戚を探し出すだけでも大変なのに、兄弟間でももめている。

    • 【当事務所の対応】

      相続人の調査は、戸籍を追うことで、比較的速やかに解決できました。親戚間の意見調整に関しては、当事務所より連絡をし、根気強く交渉を行うこととしました。

    • 【結果】

      無事、各相続人の意向を踏まえた遺産分割協議書を作成することができました。

    • 【ポイント】

      「相続人の調査に加え、不動産登記の変更や凍結された口座の解除など、相続には煩雑な手続きが数多く存在します。不備や漏れなどがあると、最初からやり直す必要がありますので、ぜひ弁護士にご一任ください。税金面でのアドバイスもいたします。

相続問題に関する弁護士費用(税込)

遺言書作成
相続財産が300万円以下の場合 216,000円
相続財産が300万円を超え3,000万円以下の場合 財産額の1%
相続財産が3,000万円を超え3億円以下の場合 財産額の0.3%
相続財産が3億円を超える場合 財産額の0.1%

※詳細は協議によりご相談させていただきます。

遺言執行
相続財産が300万円以下の場合 324,000円
相続財産が300万円を超え3,000万円以下の場合 財産額の2%
相続財産が3,000万円を超え3億円以下の場合 財産額の1%
相続財産が3億円を超える場合 財産額の0.5%
ページトップへ戻る