離婚・男女問題

よくある相談ケース

  • 離婚後の子育てを、相手側に任せたくない。

  • どの程度の財産分与が受けられるのか、あらかじめ調べてほしい。

  • 慰謝料を請求されたものの、相場が分からないので判断に迷っている。


男女問題は、身近なケースであるが故に感情を伴い、解決するのが難しい傾向にあります。しかし、法律に当てはめれば論点が整理できますので、長期化を避けることができるでしょう。そのためにも、関係を終えるためではなく「再出発を図る」ことを目的として、弁護士が親身になったサポートをいたします。

弁護士へ相談するメリット

  • 離婚後でも、自立した生計が立てられるためのアドバイスをいたします。

  • ご依頼者の希望や主張に対し、裁判で争った場合の見通しをご提示することができます。

  • 金銭的条件の相場を、過去の判例や算定表に基づいてお伝えいたします。

ケース紹介

  • 子どもの問題のケース
    • 【ご相談内容】

      男性からのご相談。離婚後、子どもと一緒に暮らしたいが、一般的には難しいと聞いた。本当だとしたら、我が子に二度と会えないかもしれない。

    • 【当事務所の対応】

      子どもを手元に置いて養育する権利のことを「親権」と呼びます。「親権」は子どもが小さければ小さいほど母親側に認められるため、これを覆すには、相手方が不適任者であることを立証する必要があります。ご事情を伺ったところ、そこまでの落ち度は認められないとのこと。そこで、お子さんに面会する機会を確保する作戦へと切り替えました。

    • 【結果】

      「面会交流権」を主張し、月に一度の頻度で子どもに会う約束を取り交わしました。

    • 【ポイント】

      子どもにとって両方の親と会うことは、養育や成長の面で良い効果が望めるとされています。親同士のエゴを廃し、子どもにとって何が好ましいのかを中心に据えて、根本的な解決を図っていきましょう。

  • 金銭の問題のケース
    • 【ご相談内容】

      お子さんと同居している女性からの相談。いままで専業主婦であったため、離婚後の就職に不安がある。財産分与において有利な条件を得られないだろうか。

    • 【当事務所の対応】

      ご主人には稼ぎもあり、当面の生活資金には困らないことから、金銭面での大幅な譲歩を依頼。代わりに、自宅などの不動産に関する権利は放棄する方針を固めました。

    • 【結果】

      お互いに納得できる条件で、協議離婚が成立しました。

    • 【ポイント】

      「平等」と「公平」は、多少描写が異なります。「平等」はどちらかというと、無機質な割り算という性格があります。対する「公平」は、お互いに妥協可能な落としどころを模索することにあるでしょう。財産分与で求められるのは、主に後者の「公平」です。それぞれの想いが達成できるか否かが主眼となります。

  • 浮気・不倫に伴う慰謝料請求のケース
    • 【ご相談内容】

      不倫が原因で、妻から1,000万円の慰謝料を請求された。テレビで報道される芸能ニュースを見ると、かえって安い気もするが、実際はどうなのだろう。

    • 【当事務所の対応】

      慰謝料は、離婚事由、婚姻期間、本人の社会的地位などによっても異なりますが、一般の方で1000万円を超えることはまずありません。おそらく、「浮気を許せない」という気持ちが、そのまま金額に反映されたのでしょう。

    • 【結果】

      過去の判例などから、500万円が相当であることを相手方に示し、和解を結びました。

    • 【ポイント】

      金銭的な条件を争う場合、相場はもちろんですが、実行性のない話をしても意味がありません。机上の空論とならないよう、相手の支払い能力に留意することも大切です。

離婚・男女問題に関する弁護士費用(税込)

項目 着手金及び報酬金
離婚交渉・調停事件 324,000円
離婚訴訟事件 540,000円

※離婚交渉から離婚調停、または離婚調停から離婚訴訟を受任する際の着手金は、それぞれ規定の額の2分の1とします。

ページトップへ戻る